TRIGGER POINT イメージ

当院の不妊鍼灸は一般的な鍼灸院で行う、ツボや経絡などにアプローチして気の流れを整える、東洋医学的な施術ではありません。
feelの不妊鍼灸は、西洋医学(トリガーポイント理論)がベースになっており、シンプルに血流の改善を一番に考えています。

人の体に栄養を送っているのは血液です。
血流が悪いと、身体に様々な不調をきたします。
不妊やホルモンバランスの崩れもその中の一つです。

血流を改善するということは、自律神経のバランスも整えていかなければなりません。
feelの「不妊鍼灸治療」は、トリガーポイント理論をベースに自律神経のバランスを整え筋肉を柔らかくすることによって骨盤底内の血流を良くすることで赤ちゃんを迎えやすい環境を整えていきます。

こちらのホームページにいらした不妊でお悩みの方は、色々なことを試した、調べた方が多くいらっしゃるかと思います。

feelでは血流改善を第一の目的として栄養がしっかり行き届く身体を手に入れていただくことで、健康的な妊娠のサポートをさせていただきます。

*自律神経について詳しくはこちら

feelの不妊治療の特徴

骨盤内を中心とした全身の血流の促進

子宮や卵巣の近くにあり骨盤を支えているインナーマッスルの筋肉が凝り固まってしまうと血のめぐりが滞ってしまい、子宮や卵巣などの血流も悪くなってしまいます。
骨盤を支えている筋肉や、何層にも重なっている腰の筋肉を中心に鍼灸治療を行うことによって身体を温め、血流を促し冷えや基礎体温を整えて妊娠しやすい身体作りのお手伝いをすることができます。

赤ちゃんが育ちやすい卵子や子宮の状態に

赤ちゃんが育ちやすい環境とは「卵胞」と「子宮内膜」が関係しています。
いい卵胞、子宮内膜を作るために医療機関でホルモン薬を投与されることが治療のケースとして多いかと思います。
医療機関での治療と併せて鍼治療を行うことで卵巣や子宮に届く血液量(栄養)が増え、卵胞と子宮内膜を健康な状態に導き、赤ちゃんが育つ環境を整えることができます。

ホルモンバランスや自律神経の調整

女性ホルモンを整えることによって卵巣や子宮が活動しやすい環境作りのお手伝いをすることができます。
また自律神経のバランスを整えることにより免疫力の向上、お薬の副作用や不定愁訴の改善、体外受精などによる身体と精神的なストレスの緩和が期待されます。

治療の回数について

まず赤ちゃんが育つ環境を整えていくことから始めていきます。
先ほど卵胞のお話をしましたが、卵が成熟するまでに最低半年は掛かります。
施術を始めた時の卵が成熟するまでには半年掛かりますので、最低でも半年の間は鍼治療を継続していただければと思います。

治療の間隔としましては、最初から4回~5回は1週間に1回、それ以降は2週間に1回のペースでご来院ください。
施術と施術の間が1カ月以上など長期間空いてしまうと思ったような効果が期待できません。施術を開始する際は定期的に来院できるようにスケジュールを調整していただくようお願いいたします。

首肩コリや腰痛のように「鍼治療を行うことで痛みが取れた!楽になった!」というような目に見えた変化が不妊治療ではなかなか見えないのでもどかしく感じることもあるかと思いますが、根気よく継続していき一緒に赤ちゃんが育つ環境作りを行なっていきましょう!

「はじめての鍼なので不安…」

はじめて鍼治療を受けられる方は緊張と不安でいっぱいかと思われます。
当院ではカウンセリングの時に少しでも鍼に対しての恐怖心や不安が取り除けるように鍼についての説明を必ず行なっております。

当院の鍼は使い捨ての鍼を使用しておりますので感染等の心配はありませんのでご安心ください。
鍼治療が始めてな方はその方に合わせた刺激量を調整する事が出来ますので安心して鍼治療を受けていただければと思います。
また治療室は完全個室になっておりますので衛生面、プライバシー共に確保されておりますのでご安心ください。

  • はじめての鍼治療イメージ
  • はじめての鍼治療イメージ
  • ははじめての鍼治療イメージ

施術の流れ

不妊鍼灸治療 カウンセリング イメージ

カウンセリング

初回はカウンセリングのお時間をしっかり確保させていただいております。
生理周期や基礎体温、今まで病院に通院して行った検査や治療の経緯(タイミング療法、人工授精、体外受精など)、病院以外に妊娠の確率をあげるために行っていることや日常の生活リズムなどをカウンセリングさせていただきます。またその際に治療中の副作用で悩んでいる症状などもあれば教えていただければと思います。
※初回はカウンセリングと鍼灸治療を含め90分のお時間を確保させていただいております。

↓
不妊鍼灸治療 お着替え イメージ

お着替え

当院専用のお着替えをご用意しております。

↓
不妊鍼灸治療 イメージ

施術(50分)

カウンセリングをもとに、お一人お一人オーダーメイドの施術計画をたて、施術を行ってまいります。完全個室になりますので安心してお過ごしください。
カウンセリングで伺った内容やお身体の状態もみて今のご自身で出来ること、当院でできること、治療のペースなどをお伝えいたします。
施術中も何か気になることがございましたらお気軽にご相談ください。
副作用がない身体に優しい治療方法です。
安心して施術を受けていただけます。

自律神経って何?

自律神経って何?

私たちの身体には、自分の意志で働きかけることのできる体性神経と、自分の意思とは関係なく、身体の様々なシステムを自動的に管理している自律神経という2系統の神経があります。

自律神経は、時に異常をきたし身体の正常なシステムを維持できなくなることがあります。そのシステムを維持できなくなった状態が、自律神経失調症といわれるものです。
自律神経のバランスがうまく取れなくなる自律神経失調症は、身体に様々な症状、不定愁訴を出現させます。

では、自律神経とは身体にどんな働きをしているのでしょうか?

自律神経には、交感神経と副交感神経2つの神経があり、天秤のようにどちらかの神経が強く(優位)に働くと傾き、またその逆に傾いたりしながら身体のシステムの維持をしています。

身体が活動状態になっていくと・・・天秤が交感神経側に傾きます。

その時の身体の反応は・・・呼吸が速くなる、心臓の動きが速くなる、血管が収縮する、血圧が上がる、胃腸の働きを抑える、膀胱が広がる、子宮が収縮など。

身体がリラックス状態になっていくと・・・天秤が副交感神経側に傾きます。

その時の身体の反応は・・・呼吸が遅くなる、心臓の動きが遅くなる、血管が広がる、血圧が下がる、胃腸の働きを活発にする、膀胱が収縮する、子宮が広がるなど。

リラックスしたいのに、天秤が副交感神経側に傾いて(優位になって)くれない、シャキッとしたいのに、身体が重だるい=天秤が交感神経側に傾いて(優位になって)くれない、このようにバランスをうまく取れなくなることで、様々な症状(不定愁訴)に悩まされるようになってしまいます。