?> スタッフブログ | トリガーポイント療法など 横浜の鍼灸ならfeel横浜本院

STAFF BLOG

STAFF BLOG ♪Let's get together and feel all right♪

長・短橈側手根伸筋

2013-05-05

こんにちは 鍼灸マッサージ治療院feel横浜本院の米田です。

今日は「長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋」について書いていきたいと思います。
この筋肉はどこにあるかと言いますと、肘から手の先にまであります。
肘の外側上顆(外側)から手首を超え、手の骨までつながっている筋肉です。
手の前腕(肘から手首)の後外側面(手の甲の側)に位置します。
よって、手首を背屈(バイクでアクセル動作時の状態)する時などに
使われる筋肉です。

この筋肉は、肘の痛みなどに関係する筋肉です。
この筋肉の障害として有名なのが「テニス肘」と言われるものです。
特にバックハンドでボールを打ち返した時、肘に痛みが生じます。
ラケットにボールが当たる瞬間、手首の使い方が悪いと、この筋肉に負担がかかることになる為です。

最近では、テニスをしていなくても、この長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋に障害が生じる人が多いです。
例えばパソコン作業などでもこの筋肉を酷使することになりますので、事務職の方などにも多い疾患といえます。(「テニス肘」会社員が10年で激増という記事もあります)

「肘が痛い・・・関節がおかしいのかな?」とお考えの方、原因は筋肉にあるかもしれません。

鍼治療で劇的に改善することがありますので、是非ご来院ください。

過去のブログ

過去のブログを見る