?> スタッフブログ | トリガーポイント療法など 横浜の鍼灸ならfeel横浜本院

STAFF BLOG

STAFF BLOG ♪Let's get together and feel all right♪

前脛骨筋

2013-04-28

こんにちは 鍼灸マッサージ治療院feel横浜本院の米田です。

みなさんGW楽しく過ごしていますか?

特に今日(5月5日)は天気も良く行楽日和ですね。
こんな日は車でお出かけする人が多いと思います。

そんな時、特に疲れる筋肉「前脛骨筋」について書いていきたいと思います。
前脛骨筋とは、すねの骨のすぐ直側を膝下から足首を超え足の裏にまである筋肉です。よってこの筋肉が収縮すると足首を持ち上げることになります。

車の運転時には、アクセルとブレーキ、どちらか踏まないといけません。
そうなると常に緊張し、持続的に収縮しています。

持続的収縮が続くと、筋肉内の血液の流れが悪くなり、痛みの元となる物質が滞留します。
痛みと疲労が蓄積すると更に交感神経を優位にし、血管を狭めます。
このようになると悪循環が生じます。

この状況にならないためにも、この筋肉にアプローチすることが重要です。

松尾芭蕉の「奥の細道」に以下の文面が出てきます。
「ももひきの破れをつづり、傘の緒つけかへて、三里に灸すうるより、松島の月まづ心にかかりて・・・」
この三里というのが、東洋医学で言う、「足三里」というツボです。
昔の人は三里に灸をすることにより体調を整えてた事が分かる文面です。

ちなみにこの足三里と言うツボは、先ほど説明しました「前脛骨筋」にあります。

前脛骨筋にアプローチすると体調がよくなることは、経験的にも知られ、行われていた行為だということです。

是非ここに鍼もしくはマッサージなどでアプローチされてはいかがでしょうか?

過去のブログ

過去のブログを見る